FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧3本柱の近況

旧3本柱に関しては、最近大きい動きがあった。
自然消滅かと思っていたGさんとの関係が、復活したのである。
半年間連絡が途絶えていたのだが、あるきっかけでメールをしてみたところ、返信があり会うことに。
相変わらず、淡々としていて、心はあるんだかないんだかわからないわからない感じではあるが、女っぷりがさらに増していて、RちゃんやSちゃんとは、大げさにいうと「格が違う」という印象だった。
月イチくらいで、今後も会っていきたいと思う。

若い女性は、状況も心境も日々いろいろ変化するんだろうなあと思う。一度音信が途絶えても、こっちに気持ちがあるなら、間をおいて連絡してみるのも効果があると思った次第。

Lちゃんとは、ささいなことでケンカしたりしたのだが、もう、腐れ縁だと考えて、復縁。
Kちゃんは、あらゆる意味で問題がないが、本業の関係で、会えるのが月イチくらいになっている。

ということで、結局は、旧3本柱が継続、というのが現状。
新規ラッシュの理由の大きい部分は、消滅しかけていたGさんの代役(ゴルフとかも)を求めてだったが、あまり芳しくなく、逆にGさんが復活したので、もうこれでいいかな、という感じだ。
仮に、Gさんと今度こそ本格的に別れがきたら、その代役とかは考えず、LちゃんKちゃんと付き合っていけばいいかなあ、と思っている。
一方、新規で残っているRちゃん、Sちゃんの若年組は、将来の伸びしろがあると思うので、コストを抑えて残していく道を探るつもり。月4回活動と考えて、3本柱を充てて余裕の1枠を若年組で埋める、こんなローテーションが組めるといいかも。

以上、簡単ではあるが、現状報告とする。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

久しぶりに交際クラブ関連まとめて報告

1年近く更新していなかったが、備忘録の意味もあり、まとめて状況を書いておく。

●ここ1年の新規セッティングに関して
1 Nさん(gold) 20代後半
 去年、夏にオファー。ゴルフをする子ということで。
 最初はエッチぽくて、いいと思ったのだが、だんだん、わけのわからない言動が目出ち、結局ラインのアカウント消失事件をきっかけに、自然消滅となった。

2 Oさん(gold 退会) 30代前半
 こちらも、もっぱらゴルフ要員でオファーした。容姿は好みで、スタイルはちょっと太めだが許容範囲。淡々としたさばけた感じで、どことなく、トラウマとなっている「Cさん」を思わせた。ただ、Hのほうは、はるかに積極的だった。こちらは切るつもりはなかったが、結局、最近になってクラブは退会し、そのきっかけで音信が途絶えてしまった。

3 Pちゃん(gold) 20代中盤
  この子は4年近く前のユニバース入会当時に、気になっておきに入りに入れいてた。ずっと退会していた形で、最近復活。それもplatinumからgoldにランクダウン。 さっそくオファーして会ってみたが、容姿は思ったほどではなく、これといって積極的に付き合う意義も見いだせず、自然消滅。

4 Qさん 20代中盤 プラチナ
 こちらも、ゴルフ要員と考えてオファー。容姿は上の下。スタイルもまあまあ。
 さばさばしたタイプなので、谷間先発としていいかな、と思っていたが、連絡が不安定。結局、2回あったところで、音信が途絶えてしまった。

5 Rちゃん 20代前半 プラチナ
 専門学校生とのこと。
 容姿は、会った時の第一印象は、歴代交際活動中のずば抜けた一位。ちょっとびっくりした。
 ただ、若いだけあって、あっていてもあまり話もはずまず、Hも消極的で、いまひとつな感じ。
 そうはいっても,完全に別れるのはもったいない気もするので、一度「交際のイメージ」を話してみるつもり。

6 Sちゃん 20代前半 ゴールド
 交際活動の歴史で最少年齢のオファー。現役女子大生とのこと。
 容姿は中の上。ただし、スポーツやっているだけあって、スタイルは引き締まっている。
 上のRちゃんに比べると、容姿はかなり落ちるが、交際活動自体に積極的で、連絡も確実なので、付き合っていてストレスがないのはいい。コストを抑えてつつ、しばらくお付き合いしてみくつもり。

長くなったので、続きは次のエントリーで。

交際クラブとは(承前)

 交際クラブにいる女性とはどういう人なのか?
 3年間の経験を総括すると、一言でいうと「普通の子」だと思う。
 つまり、今の時代においては、「お金と引き換えに男女交際をする」ということ自体には、女性の抵抗は極めて下がっているのではないか。交際クラブを経由しなくても、いわゆる「パパ」がいる女性は、かなり一般的ではないかと思う。
 その背景には、長引く不況とか、結局、男女雇用機会均等は実現していない、とかそもそも、古来女性というのは、その持てる魅力を男性に提供し、その引き換えに何らかの「メリット」を得てきたという大前提もある。

 ただし、普通といいつつ、交際クラブの女性には、2種類の区別があり、「お金でH をすることに抵抗がない」「抵抗がある」のどっちかだ。後者の場合は、いわゆる「茶飯詐欺」みたいなことになる。
 ただ、茶飯詐欺女性であっても、何か別の理由(男のことが気に入った、とか、利用価値が高いと思った)などの理由があれば、H をすることがあるだろうし、まあこの区別は相対的なものである。

 ということで、厳密に定義すると、交際クラブとは「お金で男女交際をすることを是認しているタイプの女性と、カジュアルに付き合う機会が得られる仕組み」ということになる。
 3年使ってみての結論としては、欠陥というか残念なことも何度かあったが、自分としてはいい仕組みだと思うし、今後も使っていきたいと思う。
 本格的な恋愛をしたい、という人はすればいいし、常にその機会はあるだろう。ただ、ある程度年齢を経てからそういうことに力を入れると、どうしても社会的な問題を抱えることになってしまう。また、女性に関してマメで口説く実力をもっている男というのは一定数いるのだろうが、正直いって、そういうことをいまさらやりたいと思わないし、お金でショートカットができるのなら、それでいいかな、とも思う。
 ちなみに、交際クラブで出会って本当の恋人関係に発展することかあるかどうか、という問いに関しては答えがはっきりしている。風俗嬢と本気の付き合いができるか、というのと同じ問いであり、もちろん可能性はある、ということだ。
 たとえば、携帯電話ショップの女性が、お客に対して親切に接してくれるのは、あくまで「仕事」だからだ。だからと言って、その女性と恋愛関係になることだってないとは言えない。そいうことだ。交際クラブや風俗だと、最初にHがあるので、男の側が誤解しやすいが、基本は、別のことであり、逆に言うと可能性もある、ということになる。

 長々書いてきたが、実は、この年末年始に何件か新しいsettingをすることになっている。今後は、あまり過剰な期待をせず、逆に悲観的になることもなく、自然体で、オファーを定期的にしていきたい。


交際クラブとは

茶飯王さんのブログを拝見して思ったことがある。
社会的に成功してお金もある男性が、複数の女性と付き合ったり愛人を囲ったりするのは、過去もあったし、今もある。
そこでは、庶民とは別の「常識」があるんだろうなあ、と。
そういえば、舞妓や芸妓の「水揚げ」とか、いったいどういう概念なのだろうか、この民主主義国家となった日本で、そういうことが平然と行われているのだろうか、と昔はよく不思議に思ったものだ。が、もちろんあるのだろう。

さて、交際クラブというのは、そういう伝統的な「遊び」の世界を大衆化したということなのだろう。それが、かれこれ3年この仕組みと付き合っての結論である。あくまで、「そこそこの女性」と「そこそこの男性」が出会う場であるから、当然遊びの質としてはランクが落ちる。

この3年間で会った女性は、13人。その中で今も続いているのは、Lちゃんのみだ。この子とは、プライベートで会ったとしてもそれなりに仲良くなったと思うがさすがにHをしたりはしなかったと思う。その意味では、交際クラブを経由して日常ではありえない出会いが得られた、というのは大きい成果だったと思う。お金を媒介にすることを最初に決めているので、お互いに一線を越さずに(今のところは)いい距離感をもって付き合えている。

一番長く(丸2年)付き合ったGさん。結局、放流されたような形でほぼ関係が終わってしまった。こっちは、逆に交際クラブでの出会いに限界を感じた結果となった。かなり仲良くしてきたつもりだったが、本当には「気持ち」は、ないので女性のほうに状況の変化があれば、案外あっさり終ってしまう。また、いわゆる愛人関係のように、相手を強く束縛し、見返りとして金銭的に大きく依存させていたら、こう簡単には終わらない(れない)だろう。
「カジュアルに始められる」関係なのが交際クラブのメリットだが、逆に終わるときもひどくカジュルアルである、というのが感想である。まあ、Gさんと付き合えた2年間は楽しかったからよかった、と総括しよう。

おかげさまで、自分の場合は、交際クラブではない出会い方をしたKちゃんがいたので、精神的にはまだバランスを保てている。
ただ、交際クラブの限界を踏まえたうえで、もう少しチャレンジはしてみたい。

長くなったので、続きはまた。

9月まとめ

交際クラブLちゃん カラオケとラブホ
デリKちゃん 食事とシティホテル
交際クラブLちゃん ゴルフと温泉

海外出張などがあり、多忙だった関係で少ない出撃となった。
新規交際クラブのNちゃんとは、あまり積極的に誘う気がなく、結局、会わなかった。
Kちゃんとは、シティホテルでちょっとリッチなディナーとHを楽しんだ。性格が優しいし、会っていてストレスがない。Nちゃんと無理に会う必要はないかなあ、と改めて思った。
Lちゃんに関しては、久しぶりに泊りがけで温泉とゴルフへ。やっぱり「気持ち」があると違うなあ、と思う。容姿ではGさん、Hでは新規のNちゃんのほうが上ではあるが。

というところで、もはやKちゃん、Lちゃんの2トップでいいか、という気持ちに大きく傾いている。
ただ、10月は、一応もう一度Gさんに会う努力をしてみようと思う。
Nちゃんに関しては、もはや放流含みだ。
プロフィール

dm

Author:dm
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。